雑誌『VERY』でも取り上げられ、ますます話題を呼んでいる「0歳からはじめる おむつなし育児」。

0歳のうちに一番しておきたいお世話の秘訣を学ぶことのできる講演会です。

講演会五感を育て 赤ちゃんの心と体をすこやかに育てる〜 おむつなし育児


 おむつに頼りすぎない 0歳の赤ちゃんのおむつとお世話



おむつなし育児は、なるべくおむつの外で、気持ち良く排泄させてあげるお世話のしかたです。

赤ちゃんの排泄に心を寄せることで、赤ちゃんの気持ちがよくわかるようになり、
育児の喜びが深まります。 

日本でも世界でも昔から実践されてきた、自然でエコで経済的な赤ちゃんの排泄ケアの方法。
結果的におむつも早くはずれます。
紙おむつのゴミを少しでも減らしたい、という方も必見!

妊婦さんもママもパパも、孫育ての人も、
子育て支援に関わる専門職の方々のお役にもたてる情報満載の講演会です!


内容
1.紙おむつに頼りすぎる子どもたちに起きている問題点
2.日本に伝わるおむつのお世話とおむつなし育児が生まれた背景
3.おむつなし育児のはじめかた 〜どうやって?いつから?成長別ノウハウ〜
4.おむつなし育児の便利グッズと服装  
5.心と体の土台をつくるおむつなし育児
6.おむつと環境

Q&A質問コーナー・「やり手水・布おむつ体験」


【日時】2015年7月4日(土)10時~11時30分(受付 9時半~)

【会場】こどもみらい館(京都市中京区)第三会議室(2階 和室)
(〒604-0883 京都市中京区間之町通竹屋町下る楠町601−1)最寄り駅「丸太町」駅徒歩3分

【対象】マタニティ、0歳の赤ちゃんの親、興味のある人はどなたでも
【定員】25組(要予約 先着順)

【参加費】1500円(*赤ちゃん連れでご参加いただけます。お子様無料。ご家族は一人+500円)。

【講師】西山由紀(にしやま ゆき)

【講師プロフィール】
 おむつなし育児研究所京都サロン主宰。
五感が育ち、ゴミも減る、地球と赤ちゃんにやさしい子育てのくらし文化を普及中。
2008年、津田塾大学三砂ちづる研究室おむつなし研究実践メンバーとなり、次男とおむつなし育児を実践。京都を中心に研究成果を伝えはじめる。 
新潟生まれ。京都市在住。新潟大学大学院博士課程修了。元・大学講師(仏語)。二児の母。
主要著書『やってみよう!おむつなし育児』(柏書房、2011年)。2015年「京都環境賞奨励賞」「京の公共人材大賞最優秀賞」受賞。


【お問合せ・お申込み】
おむつなし育児研究所京都サロンwebサイトから(担当:諸岡)
http://omutsunashi-kyoto.com/ 
(またはメール  info@omutsunashi-kyoto.com)

参加ご希望の方は①参加者氏名 ②お子様の月齢、または妊娠何ヶ月か ③住所(区市町村のみ)④電話番号⑤育児関連のご職業の方はご職業を書いてお申し込みください。

【主催】おむつなし育児研究所京都サロン