京都サロンについて

  • HOME »
  • 京都サロンについて

おむつなし育児研究所京都サロンは、2008年に発足しました。京都市を拠点におむつに頼りすぎない子育てを伝えるために活動しています。

トヨタ財団による研究助成「『赤ちゃんにおむつはいらないー失われた身体技法を求めてー』主任研究者 三砂ちづる」の一環「快適!おむつなしクラブ」(2008年)に参加し、その成果を京都市内を中心に伝え続けています。

 

日本に伝わる赤ちゃんのお世話を伝承し、現代でも簡単にできる0歳からのおまるの使い方を紹介し、すこやかな赤ちゃんが育つことを目的にしています。

ウェブサイトでの情報提供,講演会、ワークショップ、講座、ブース出展、出版を通じて活動を行っています。

 

【おむつなし育児研究所京都サロン】

・顧問 三砂ちづる(津田塾大学教授、作家)
・代表 西山由紀

 

【沿革】
2008 年7月 トヨタ財団の助成研究「赤ちゃんにおむつはいらない」(代表三砂ちづる教授 津田塾大学)の一環「快適!おむつなしクラブ」に参加し、研究成果をもとに京都市を拠点として子育て支援団体を発足(任意団体)。「おむつなしサロン」。
2013年10月 「おむつなし育児研究所京都サロン」と改名。
2014年〜2016年度 京都府、京都市、文化庁等の助成事業。

 

【目的】おむつに頼りすぎない昔ながらの子育てを伝承することにより、心身ともに健やかな赤ちゃんを増やす。0歳からおまるで排泄することの重要性と具体的な実践法や工夫を紹介する。赤ちゃんの欲求に寄り添うことにより、母子の絆が深まるばかりでなく、赤ちゃんは快適で情緒も安定する。またごみの減量と大量消費に対する意識改革をめざす。

 

【活動の背景】約9割の赤ちゃんが紙おむつを着用し、おむつはずれの平均年齢は3歳半と遅くなっている。近年、赤ちゃんの心と体、環境への影響が懸念されはじめている。

 

 

【事業内容】
1.子育て 講演会、講座、サロン等を京都市内を中心に定期開催、0歳からの排泄と食育講座、0歳からの防災講座、地域のコミュニティ作り、オリジナルテキストによるアドバイザー養成

2.環境 赤ちゃんからはじめるごみの減量、産前産後の家庭を中心対象とする啓蒙的活動、ブース出展、「KYOTO 育児パッケージ」を提案、赤ちゃんのおむつを契機としたごみの発生抑制や循環型社会の提案

3.文化子育てのくらし文化の伝承(文化庁事業の開催)、地域のアーティストと連携によりきものリメイクおむつカバーやおまるカバー等の開発・製作・PRとワークショップ

4.教育 環境省ESD環境教育プログラムの開発、子どもゆめ基金事業(「はやね はやおき 朝うんち!」)教材開発協力、地域の助産師やアーティストと連携し、いのちの誕生に関する体験型ワークショップ実施、産院での院内研修。

 

*その他、web 上での情報発信、アドバイザー養成講座、出版を通じて活動を行う。赤ちゃんの排泄ケアから循環型社会を提案。

*当会は紙おむつを完全に批判するのではなく上手に活用することを提案する。

 

 

【活動実績】

受賞歴

・2015年2月(H27) 京都市主催「第12回 京都環境賞 奨励賞」受賞

2015年3月(H27)  京都府主催「第3回 京の公共人材大賞 最優秀賞」受賞

 

出版 

・『やってみよう!おむつなし育児』(柏書房2011)。

・「おむつなし育児」(『助産雑誌』4月号 vol.64, no.4,特別寄稿,2010年)。

 

構成団体等として登録

・2014-2017年 京と地球の共生府民会議(京都府文化環境部環境・エネルギー局環境政策課)、ごみ減量推進会議(京都市)、DO YOU KYOTO?(京都市)、市民からの文化力(文化庁)、 Fun to share(環境省)

 

主な活動実績
・2008〜2016年度まで 約280回のサロンや講演会、講座、ワークショップ等を実施。約4800人が参加。
・2014年 環境省ESD環境教育プログラム共同開発、採択される(「日本に古くから伝わる赤ちゃんのお世話で美しい地球を救おう」、対象;中学生)。
・2014年 日本科学未来館で開催の企画展「トイレ?行っトイレ!ぼくらのうんちと地球の未来」、おむつなし育児ブースの展示監修協力。

・2014年 玉川区民企画講座区民講座「赤ちゃんに伝える和の心」において講座を担当「日本に伝わるおむつのお世話」東京都世田谷区玉川総合支所地域振興課主催。

・2014年-2015年 京都府文化環境部環境政策課主催「京都環境フェスティバル2014 ~地球(アース)へ感謝!京(KYO)から始めるエコ生活~」出展。来場者数26000人。

・2015年「おむつなし育児&布おむつ祭り」開催、「公益財団法人 京都オムロン地域協力基金」助成事業。【後援】京都市、京都市教育委員会。約200名が参加。

・2015年「フィンランド・KYOTO・TOKYO育児パッケージ展」(東京都世田谷美術館)に出展。外務省HPで紹介される。フィンランド大使館のネウボラ育児パッケージとおむつなし育児のパッケージ展。

・2015年「未来ミーティング2015」発表。会場:同志社大学。主催:地域力再生活動を応援する公共人材づくり研究会、京の公共人材大賞実行委員会。

・2015年「フィンランドの子育て& KYOTO発 赤ちゃんにやさしいエコな子育て」(京都市左京区「恵文社cottage」)開催。【協力】フィンランド大使館、【後援】京都市、京都市教育委員会。京都新聞社会福祉事業団「子育て仲間を応援」助成事業。

・2016年クラウドファンディングMakuake「ハマるお母さんたちが続出!? とにかく楽しい「0歳からのおまる」応援プロジェクト」6日で目標額達成。【協力】京都府庁プロボノ。

・2016年「おまる美術館」【会場】堺町画廊【後援】京都市、京都市教育委員会、京都新聞。エコとアートと子育てを結びつけ、排泄について考えるイベント。

 

【助成金】
・2009年〜2015年 京都新聞社会福祉事業団「子育て仲間を応援」
・2014年度 京都府「地域力再生プロジェクト」
・2014年度 京都オムロン地域協力基金「おむつなし育児&布おむつ祭り」
・2015年度 文化庁「平成27年度文化芸術振興費補助金(伝統文化親子教室事業)」
・2014年度〜2016年度 京都市ごみ減量推進会議「市民等からの提案によるごみ減量モデル事業」 3年連続で採択される「〜地球にやさしいエコな子育て〜0歳からのおまるでごみを減らそう!」

 

【代表 西山由紀(Yuki NISHIYAMA) プロフィール】

おむつなし育児研究所京都サロン主宰。
心とからだをすこやかに育てる「0歳からおまる」のすばらしさと、効果や実践法を伝えている。五感が育ち、ゴミも減る、地球と赤ちゃんにやさしい子育てのくらしの文化を普及。
日本で昔ながらのおむつとお世話が見直されはじめた2008年、次男とおむつなし育児を実践して感動。京都を中心に伝えはじめる。
周りに経験者がいなかったため試行錯誤をくり返し、これからはじめる人たちが困らないようにと書いた本が出版される。
新潟生まれ。京都市在住。新潟大学大学院博士課程修了。元・大学講師(仏語)。二児の母。

 

  • 2008年4月〜津田塾大学三砂ちづる研究室おむつなし研究実践メンバー
  • 2008年7月〜おむつなし育児の会を定期的に開催(「おむつなしサロン」)
  • 2013年10月「おむつなしサロン」を「おむつなし育児研究所 京都サロン」と改名。

*当団体はおむつなし育児研究所の関連団体です。

 

 【主要著書】

やってみよう!おむつなし育児』(柏書房、2011年)、
「おむつなし育児」(『助産雑誌』4月号 vol.64, no.4、特別寄稿、2010年)。

 

【おむつなし育児の経歴】

☆次男・生後1ヶ月・・・おまるでさせはじめる。おむつに頼りすぎないお世話。

☆生後3か月・・・家にいるとき、日中のおむつをはずす。

☆生後6ヶ月〜・・・8ヶ月間のイヤイヤ期。

☆生後13ヶ月ころ・・・夜もおむつを汚さなくなったので、おむつをすっかりやめる。

その後・・・赤ちゃんの粗相にもさらに慣れ、せっせと掃除をする。

☆2歳・・・行きたくなるとひとりで勝手にトイレに行くように。

☆2歳9か月・・・排泄が完全に自立する(ひとりでトイレに行ってズボンを降ろして拭いてまた履いて出てくる)。

 

・おむつなし育児のネットショップ「トゥントゥンケ」(現在お休み中)。

・「寝ながらきくシター 〜癒しのまどい〜」たまに開催。

 

【サイト】

「ぽんぽこりんのうち」http://sites.google.com/site/francecithare/

ブログ http://blog.goo.ne.jp/kiki_24

twitter yuki NY

 

 

お知らせ

11/22 小児科 坂田医院でおむつなし育児講座開催!

赤ちゃんのおむつとお世話 〜授乳に慣れたら、おまるに慣れよう〜 講座「やってみよう!おむつなし育児」 必要以上 …

10/15 「sunsun fes 2017」ブース出展&おむつなしダンス!

http://otonohapro.exblog.jp/28047865/ 恒例になった梅小路公園での子育てイ …

10/1「京の公共人材大賞」出版記念シンポジウム

2015年に最優秀賞を受賞した「京の公共人材大賞」、 10/1に出版記念シンポジウムが開催されます。 おむつな …

2017年6月24日 京都新聞朝刊に掲載されます

2017年6月24日(土)京都新聞朝刊でおむつなし育児調査について、ご紹介いただきました。

6月20日は「おむつなしDAY」!上京区役所

誠に勝手ながら、6月20日を「おむつなし育児の日」に制定いたしました! 0(=お)6(=む)2(=ツゥ)0(= …

メールマガジンの登録

京都おむつなしサロンのイベント案内や情報を定期的にお送りします(無料)。お申し込みはこちら

PAGETOP
Copyright © おむつなし育児研究所京都サロン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.